• 院長 田中康文

メニエール病


突発的に激しい回転性のめまいと一側性の耳鳴りが生じ、再発を繰り返すうちに、聴力の低下を引き起こす疾患です。

その原因は不明ですが、内耳に内リンパ液が溜まる内リンパ水腫により起きるとされ三半規管という場所に溜まれば回転性のめまいが、蝸牛という場所に溜まれば耳鳴りと難聴が生じるといわれています。

初期には低音部の難聴、耳がつまった感じの耳閉感を訴えることが多くなります。

西洋医学では、イドバイドなどの利尿薬や内耳の血流循環を改善する薬、耳の症状にステロイドなどを使うことが多いのですが、よくならないことも多いようです。

漢方的には、体内に余分な水分が溜まった状態であることが多く、体内の水のめぐりをよくすることを考えます。また、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れたときにも起こりやすく、気の乱れを整えることも大切です。つまり体を根本的に改善する漢方治療が必要になると思われます。

漢方では、メニエール病の原因として次のようなことが考えられます。

水が滞り体内に停滞した『痰濁中阻(たんだくちゅうそ)』

お酒や脂っこい食事、過量の水分を好んでとっていると、体内に余分な水がたまり(痰濁という)、メニエール病で起こるめまいや耳鳴りの原因になることがあります。胃腸が虚弱な人も、水の停滞は起こりやすく、吐き気やムカムカなどが生じることがあります。苓桂朮甘湯や半夏白朮天麻湯、五苓散、冷えを伴っている場合は真武湯や当帰芍薬散など、体内の水を巡らせる薬を用います。

さらに、ストレスなどで交感神経が興奮し、気が高ぶったり、めぐりが悪くなるとめまいや耳鳴りが起こりやすくなります。このような場合は、気の乱れを整える加味逍遥散や四逆散、柴苓湯などを用います。

また、症状が長期にわたっている場合や耳鳴りなどの耳の症状が強い場合、からだの水分をコントロールする中枢の『腎』のはたらきが低下していることが考えられます。加齢や日頃の疲れなどが腎の消耗につながるようです。この場合、六味地黄丸や牛車腎気丸などの腎を補い強化する漢方薬を用います。

メニエール病は、一時的に症状が治まっても再発しやすい病気です。

ストレスの多い生活や睡眠不足、食事の偏りや過度な水分摂取など、毎日の生活習慣が偏った体質を作り、メニエール病発症に至っていることが多いようです。体質の偏りが、メニエール病の症状を繰り返し起こす大きな原因であり、漢方や養生で体質部分を見直すことが改善につながります。


1,075回の閲覧
住所
栃木県下野市
文教1-2-28