住所
栃木県下野市
文教1-2-28
  • 院長 田中康文

花粉症 漢方処方


もう目の前まで春がきていますね。

でも、花粉症を持っている人にはウキウキどころか、憂鬱な気分でしょう。

実は漢方で私の患者(子供)さんが、花粉症に効果が出でいますので

報告しますね!

その患者さんは、数年間、近くの耳鼻科へ通い、

数種類の飲み薬と点眼液と点鼻液を使っていたが一向によくならないので、

漢方薬を試してみたいと・・・訪ねてきてくれました。

1時間の診察ののち、生活指導と2種類の漢方薬を2週間処方した所、

目とその周囲の皮膚のかゆみが減り、鼻水も減り、

少し鼻づまりが残っている程度にまでよくなったのです。

これからは

体質のゆがみを直して、花粉が舞っても花粉症にならない、

あるいは症状が軽くなるように治療して行く予定です。

西洋薬ではその場限りの症状の改善のみ・・・。

しかも頭がボーとしたり、鼻がカビカビに乾いたり、

眠くなったり、結構副作用が多いですよね。

しかも体質を変えることはできない・・・。

その点、漢方薬の方が数段優れていると思うんです。

花粉症の人はまずは漢方薬を試して、

是非その効果を体感してみて欲しいんです。

ウキウキした季節を味わうためにも・・・。

(原稿作成日:2012.03.22)


65回の閲覧